• 印刷する

テイクオフ:世界最高峰のバレエ団の…

世界最高峰のバレエ団の一つで、米ニューヨークを本拠とするアメリカン・バレエ・シアターが先週末にかけて、シンガポールで「白鳥の湖」の公演を行った。初日の15日はアフリカ系黒人として世界で初めてプリンシパルとなったミスティー・コープランドが白鳥を踊るということで、4カ月以上も前からチケットを購入していた。

当日の会場は末席まで全て満員。公演中は何度も文字通り「息をのみ」ながら、ダンサーたちの美しい動きと舞台装置、オーケストラの生演奏を堪能した。

こうした世界トップレベルの芸術を鑑賞できるのは、東南アジアの中でも所得水準が抜きん出たシンガポールならではだろう。政府には引き続き、芸術分野の振興にお金を使って素晴らしい絵画や音楽などを誘致してほしい。自分もチケットをばんばん購入し、微力ながら当地の芸術発展に貢献していきたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール南端にある…(08/22)

2021年までオフィス賃料上昇 東南ア4都市、テック企業増で(08/22)

東南アの訪日者、7月は7%増の22万人(08/22)

スマホアプリで商標登録、世界初の試み(08/22)

4~6月期の業績悪化、上場企業6割(08/22)

固定資産の投資額、上半期は前年比5割増(08/22)

DBS銀、20年にクレジットカード事業参入(08/22)

京セラ14億円申告漏れ、子会社の所得(08/22)

東京海上、米社の新興企業支援事業に参加(08/22)

MS共同創業者の投資会社、東南アに106億円(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン