• 印刷する

外食QSR、ハラル管理教育実施へ

外食チェーンを展開するQSRブランズは、ハラル(イスラム教徒向け)食品の管理に関する学位取得が可能な世界初の教育課程を近く開講する計画を明らかにした。現在マレーシア資格庁(MQA)による認可待ちの状態だ。国営ベルナマ通信が22日に伝えた。

同社のイスラム法(シャリア)・ハラル・コンプライアンス担当のゼネラルマネジャー、モハンマド・ロスラン・サルディン氏によると、同課程はQSRが全額出資する「KFCHインターナショナル・カレッジ」で開講される。開講に当たっては、ハラル産業開発公社(HDC)、マレーシア・イスラム発展局と協力する。

同課程ではシャリアとハラルに関する知識を学ぶ以外に、経営方法についても体系的に学ぶ。

QSRはKFC、ピザハット、アヤマスなどの外食ブランドを展開している。ロスラン氏は「イスラム教徒の利用が多く、ハラル食品の提供とハラルの手法で運営に携わる訓練された従業員の存在が重要だ」と述べた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国禁止措置、マレーシアとタイを追加(07/23)

【4カ国緊急アンケート】ワクチン未接種、日系の半数 現地残留は「業務の都合」が大半(07/23)

21年新車販売予測、50万台に引き下げ(07/23)

新規感染1.3万人、累計96万人(07/23)

RM1=26.1円、$1=RM4.22(22日)(07/23)

シノバック製ワクチン、州や民間が購入可能に(07/23)

製造業者連盟、政府に操業再開容認を要請(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン