南部のLNG輸入基地、来年10月に稼働予定

フィリピンの建設エンジニアリング大手アトランティック・ガルフ・アンド・パシフィック(AG&P)は、インド南部に建設中の液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを来年10月までに稼働できるとの見通しを示した。基本設計業務(FEED)はほぼ完了したもようだ。ザ・ヒンズー…

関連国・地域: フィリピンインド
関連業種: 化学天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

封鎖は最終手段に、首相が州政府に呼び掛け(19:55)

シン前首相がコロナで入院、野党のラフル氏も(19:55)

独社製ワクチン、変異株への有効性は8割超(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

インドからの入国規制強化、3週間隔離へ(04/21)

ワクチン1500万人分、印中ロから調達へ(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン