• 印刷する

物乞いで1日300リンギ、福祉局が対応急ぐ

マレーシア・ジョホール州の福祉局は、物乞いで1日に300リンギ(約8,100円)を得ているケースがあるとして対応を急いでいる。路上での違法行為という認識が広がっている。12日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

同州福祉局に勤務する男性職員が物乞いを保護したところ、1日当たり300リンギの稼ぎを得ていることが発覚。月間1万リンギに上るケースもあるという。男性職員がここ数カ月で保護した中には、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの女性2人、生後6カ月~3才の子ども4人、障害を抱えるベトナム人の男性などがいた。50~60代のマレーシア人の男性3人組が何度も物乞いを繰り返して逮捕に至り、その後、福祉施設に送られたケースもある。

物乞いは交差点など人の往来が多く、かつ人が立ち止まる場所に現れるが、福祉局の車両が目に入るとその場を離れるため、保護が難しいという。福祉局は、物乞いへの施しは違法行為を助長するとし、安易に金銭を与えないよう呼び掛けている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月の新車販売、SUVが7割増 プロトンが2位のホンダに肉薄(02/22)

ニチレイと双日、ハラル物流で地場と覚書(02/22)

RM=27.1円、$=4.07RM(21日)(02/22)

ホンダ、ジャズなど2車種で限定モデル発売(02/22)

サクラファインテック、地域拠点開設(02/22)

NTT、豪メガポートとクラウドで戦略提携(02/22)

東海岸鉄道事業、中国側は費用削減を提案(02/22)

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち(02/22)

ランヒル、タイ企業とクダ州に発電所建設へ(02/22)

アジアポリー、アチェ水力発電所事業を縮小(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン