• 印刷する

テイクオフ:きょう3月8日は「国際…

きょう3月8日は「国際女性デー」。インドでは大企業が女性の雇用を増やすと宣言したり、航空会社が乗務員を全て女性にしたりと、数日前から女性の活躍が話題に上った。

一方で、男女格差などの問題が改めて提起された。教育の現場では、小学校入学時点で就学率に男女格差はないものの、学年が上がるにつれて退学する女児は多い。家事手伝いが主因と言われるが、学校は女児にとって安全でないと考える親も多いそう。高学歴の女性は結婚相手が見つかりにくいという傾向もあるようだ。

首都ニューデリーなど大都市で過ごしていると感じないが、農村部では男尊女卑の考えが根強く残っているのだろう。毎年、国際女性デーに合わせてさまざまな団体が女性の活躍をスローガンに掲げるが、そのような標語が必要ない社会に近づいていることを願う。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン