• 印刷する

HKMAの即時決済システム、28行・社参画

香港金融管理局(HKMA)は6日、小口取引向けの銀行間スピード決済システム「ファスター・ペイメント(Faster Payment)」の運用当初に銀行20行とストアドバリュー型電子マネー(SVF、現金をICカードに電子マネーとしてチャージしておき、電子マネーをやりとりする方式)業者8社が参画すると明らかにした。官営放送RTHKなどが伝えた。

ファスター・ペイメントは9月に導入する見通し。携帯電話番号やEメールを使って24時間体制で香港ドルと人民元の即時決済、振り込みができるようになる。HKMAによると、現在までにシステムの構築がほぼ完成。4~5月に試験運用を行うという。

実店舗を持たない仮想銀行(バーチャルバンク)については、5月に新しい関連ガイドラインを出す方針。域内外の企業が仮想銀行の免許取得に興味を示しているという。

HKMAは、保護された領域内でプログラムを実行(テスト)するセキュリティーシステム「サンドボックス」の改良版を昨年投入。2月末までに29件のフィンテック事業がサンドボックスを利用し、このうち19件の商品が市場投入を始めた。

HKMAは昨年9月、フィンテック(IT技術を融合した金融サービス)の振興に向けて7措置を打ち出した。香港金融業の競争力維持が狙い。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港島セントラル(中環…(10/24)

港珠澳大橋の開通式典を開催 習国家主席が主宰(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

高速鉄道の1日利用5万人、予測4割下回る(10/24)

〔政治スポットライト〕与党補選敗退、香港企のAPA買収困難に(10/24)

香港輸出4Qに悪化か、貿易摩擦影響大きく(10/24)

香港でセミナー開催、投資拡大を呼び掛け(10/24)

電子企業、本土工場の移転検討=貿易戦で(10/24)

ウィーチャットペイ、セブンなど600店で導入(10/24)

貿易戦回避へ会合、貨物分類を提言=貿発局(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン