• 印刷する

北京市、3年で地下鉄260キロ延長へ

北京市当局は地下鉄整備を加速し、向こう3年間で新たに総延長260キロメートルを敷設する計画だ。年平均で86.7キロとなる計算で、過去9年間(2008~17年)の年平均新設距離(40キロ余り)の2倍を超えることになる。

6日付北京日報などが伝えた。今年は◇6号線の西側延伸区間(海淀五路居駅―苹果園南路駅)◇8号線3期の南側区間(珠市口駅―五福堂駅)◇8号線4期(五福堂駅~瀛海駅)——の3区間の開通を見込んでいる。

同市では昨年末までに北京市都市軌道交通第2期建設計画(15~21年)で示された全路線が着工し、建設中の路線の総延長は300キロを超えている。建設中の路線は◇7号線の東側延伸区間◇八通線の南側延伸区間◇17号線◇新空港線◇昌平線南延伸区間1期——など。

北京市では1965年に中国初の地下鉄となる1号線が着工し、81年に一般市民の利用が可能となった。その後の地下鉄整備は緩慢で、00年時点の総延長は54キロにとどまったが、08年の北京五輪開催が決まると建設ラッシュが到来。08年時点の総延長は198キロに延びた。その後の9年間も急速に整備が進められ、昨年12月時点で開通済みの路線数は22本、総延長は608キロ、設置駅数は370駅に達している。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ市場の競合企業、中国が初の首位(01/17)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

テイクオフ:広州市の中国茶販売店の…(01/17)

年度ボーナス平均7100元 前年から減少、景気減速を反映か(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

来年9月に沖縄のホテル完成へ、EGL(01/17)

鉱工業生産の鈍化は「複合的要因」、工情省(01/17)

中国企業の海外投資、18年は4.2%増(01/17)

中央企業純利益、18年は1.2兆元で過去最高(01/17)

工業省、電気自動車の生産を奨励(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン