マイクロソフト、サンシープと太陽発電で提携

米IT大手マイクロソフトは1日、シンガポールを拠点に太陽電池の製造・販売などを手掛ける独系サンシープ・グループと太陽光発電事業で提携すると発表した。シンガポールで数百軒の建物の屋根にソーラーパネルを設置し、発電した電力をマイクロソフトが運営するデータセンターで使用する計画だ。同様の太陽光発電プロジェクトでは国内最大規模になるという。

マイクロソフトは1990年にシンガポールに進出。現在、同国に設置したデータセンターで「マイクロソフト・アジュール」や「オフィス365」といったクラウドサービスを顧客に提供している。

提携期間は20年で、同社はサンシープが建物の屋根に設置する太陽光発電施設から供給される電力を全量購入する。買い取り価格などの詳細については明らかにされていない。

マイクロソフトがアジアで再生可能エネルギーに関する提携を結ぶのは、これが初めて。欧州では昨年、アイルランドとオランダでそれぞれ風力発電での同様の提携契約を発表しており、世界全体では今回が3件目となる。

同社は世界で運営するデータセンターの消費電力に再生可能エネルギーが占める割合を、年内に50%以上に引き上げる目標を掲げている。シンガポールでの太陽光発電事業が本格始動すれば、再生可能エネルギーの調達量は全体で860メガワット(MW)に拡大するという。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信製造一般電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:窓から真っすぐに伸びた…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

マハティール新政権の動向注視 二国間関係の行方、専門家に聞く(05/23)

金融庁、日本との通貨スワップ協定を改定(05/23)

株価反落、ベンチャーコープは2.7%安(05/23)

保健庁、医療機器の登録制度を緩和(05/23)

車内カメラの搭載、6月から新ガイドライン(05/23)

SIAと米ポインツ、マイル交換で提携(05/23)

ブレッドトーク、中国の紅茶ブランドと合弁(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン