1月の通貨供給量、12.8%増の10.6兆ペソ

フィリピン中央銀行は、2018年1月の通貨供給量(マネーサプライ、M3)が前年同月比12.8%増の10兆5,829億ペソ(約21兆6,700億円、速報値)だったと発表した。伸び率は前月の11.9%から加速。前月比(季節調整済み)では2.0%増だった。 M3は広義の流動性を示す指標で、現金や…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2651人、計57万1327人(17:58)

20年のFDI認可額71%減 過去最大の下落、コロナ打撃(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

コロナ感染新たに2269人、計56万8680人(02/26)

経済活動拡大を検討、現行の外出制限下で(02/26)

完成車の輸入制限、適用除外国を削減(02/26)

ワクチン接種意向、成人の2割=比大調べ(02/26)

1月の国際収支、7.5億ドルの赤字(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン