• 印刷する

テイクオフ:「ニッポン!」「あ~」…

「ニッポン!」「あ~」「決めたっ!」。25日に閉幕した平昌冬季五輪の中継アナウンス。冬季競技が盛り上がらない南国から帰任したことを加味しても「もっと静かに、競争相手国の人も配慮して放送できないか」と感じた。ニュース番組で日本人選手の競技が何回も再生されたが、むしろ上位の外国人金メダリストの競技を見たい。

春節を利用して日本に一時帰国した友人も、ニュースは五輪一色で国会の扱いが小さいことに違和感があると話す。「論戦が白熱している裁量労働制は日本人の働き方をうらなうものなのに」

そんな不満を海外生活経験のない友人に話すと「日本人なら日本人の活躍を見たいのが当たり前。あなたは少数派」と言われ肩身が狭い。

2020年の東京五輪に向け、せめて「会場音声のみ、アナウンスなし」の副音声を外国人向けに用意すれば? マイノリティーの立場になって、つぶやき続けたい。(遠)


関連国・地域: 日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日産が年内で韓国事業撤退、販売低迷受け(05/29)

みずほがスタートアップ支援、南科とタッグ(05/29)

4月のメーカー別車輸出、10社中9社が減少(05/29)

テイクオフ:緊急事態宣言の解除後も…(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年4月)(05/29)

コロナ禍でも転職活動活発、リーラコーエン(05/29)

ジューテックが合弁設立、海外初(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン