テイクオフ:「ニッポン!」「あ~」…

「ニッポン!」「あ~」「決めたっ!」。25日に閉幕した平昌冬季五輪の中継アナウンス。冬季競技が盛り上がらない南国から帰任したことを加味しても「もっと静かに、競争相手国の人も配慮して放送できないか」と感じた。ニュース番組で日本人選手の競技が何回も再生されたが、むしろ上位の外国人金メダリストの競技を見たい。

春節を利用して日本に一時帰国した友人も、ニュースは五輪一色で国会の扱いが小さいことに違和感があると話す。「論戦が白熱している裁量労働制は日本人の働き方をうらなうものなのに」

そんな不満を海外生活経験のない友人に話すと「日本人なら日本人の活躍を見たいのが当たり前。あなたは少数派」と言われ肩身が狭い。

2020年の東京五輪に向け、せめて「会場音声のみ、アナウンスなし」の副音声を外国人向けに用意すれば? マイノリティーの立場になって、つぶやき続けたい。(遠)


関連国・地域: 日本
関連業種: マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス事業家百人の紹介データ、後編を発表(05/21)

【書籍ランキング】5月3日~5月9日(05/21)

ダイキン、エアコン工場稼働 20年までに年間100万台生産へ(05/21)

JICA、洪水対策で提言 外郭環状放水路の優先整備を(05/21)

日系2社、相次ぎセダン発表 トヨタは「ヤリス」をインド初投入(05/21)

豪サイバー攻撃、教育が標的 26%で最多、IT部門上回る(05/21)

サンキョウホーム、京阪不動産とコンド開発(05/21)

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減(05/21)

イクシスLNGの費用、予算を80億$超過へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン