• 印刷する

武田、ワクチン工程最適化センター開設

武田薬品工業は27日、シンガポールにワクチン工程最適化の研究センターを開設したと発表した。シンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受けたという。

同センターでは、デング熱やジカ熱、ポリオといった感染症の現在または将来のワクチン候補の研究に取り組む予定。これに伴い、シンガポール人や永住権(PR)保持者の技術者を多数採用する。

武田薬品の米子会社、武田ワクチンのラフル・シンビ最高執行責任者(COO)は新センターの設立について、「ワクチン開発に尽力し、成果を世界中の人々に届けるための重要な一里塚となる」と強調した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人の知人か…(10/22)

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

新興企業との連携スペース開所 独インフィニオン、本国含め世界初(10/22)

EUとFTAに調印、貿易・投資促進に期待(10/22)

リー首相、ベルギーで安倍首相と首脳会談(10/22)

南シナ海問題で協力、ASEAN拡大国防相会議(10/22)

空飛ぶタクシー、来年に都市部の試験飛行(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

C4NGP開所、次世代の港湾管理を研究(10/22)

ラザダの宅配、セブン店舗で受け取り可能に(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン