武田、ワクチン工程最適化センター開設

武田薬品工業は27日、シンガポールにワクチン工程最適化の研究センターを開設したと発表した。シンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受けたという。

同センターでは、デング熱やジカ熱、ポリオといった感染症の現在または将来のワクチン候補の研究に取り組む予定。これに伴い、シンガポール人や永住権(PR)保持者の技術者を多数採用する。

武田薬品の米子会社、武田ワクチンのラフル・シンビ最高執行責任者(COO)は新センターの設立について、「ワクチン開発に尽力し、成果を世界中の人々に届けるための重要な一里塚となる」と強調した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 医療・薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日からイスラム教の…(05/24)

4月の消費者物価、0.1%上昇 住宅・公共料金が落ち込み(05/24)

プラップジャパン、6月に現法設立(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

ビットトレード、地場企業に経営権譲渡(05/24)

トウシェ、OCBCと指紋認証技術で提携(05/24)

印取引所、SGXに新商品上場の中止を要請(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

株価大幅続落、金融銘柄が安い(05/24)

水処理ハイフラックス、更生管財手続き申請(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン