セムコープ、10~12月期決算は85%減益

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)セムコープ・インダストリーズが23日発表した2017年第4四半期(10~12月)決算は、純利益が2,278万Sドル(約18億4,400万円)となり、前年同期比で84.6%減少した。主力の海洋部門が赤字に転落したほか、公益部門の黒字が大きく縮…

関連国・地域: シンガポールインド
関連業種: その他製造金融建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中心部にある独立系映画…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

9月CPI上昇率、2カ月連続で0.7%(10/24)

通産相、業種による成長のばらつき大きく(10/24)

東南アジアへの直接投資、1~6月は18%増(10/24)

企業庁、インフラ係争処理プロトコル策定(10/24)

ウィーチャットペイ、セブンなど600店で導入(10/24)

グラブ、東部で宅配サービスを試験導入(10/24)

パビリオン、LNG船2隻のチャーター契約(10/24)

配車グラブ、安全向上へ投資を倍増(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン