セムコープ、10~12月期決算は85%減益

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)セムコープ・インダストリーズが23日発表した2017年第4四半期(10~12月)決算は、純利益が2,278万Sドル(約18億4,400万円)となり、前年同期比で84.6%減少した。主力の海洋部門が赤字に転落したほか、公益部門の黒字が大きく縮…

関連国・地域: シンガポールインド
関連業種: 経済一般・統計製造一般天然資源電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日からイスラム教の…(05/24)

4月の消費者物価、0.1%上昇 住宅・公共料金が落ち込み(05/24)

プラップジャパン、6月に現法設立(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

ビットトレード、地場企業に経営権譲渡(05/24)

トウシェ、OCBCと指紋認証技術で提携(05/24)

印取引所、SGXに新商品上場の中止を要請(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

株価大幅続落、金融銘柄が安い(05/24)

水処理ハイフラックス、更生管財手続き申請(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン