ティラワ特区B地区は8月開業 輸出・内需型ともに優位性が評価

ミャンマー最大都市ヤンゴン郊外で住友商事など日本の官民の参画により開発、運営されている、ティラワ経済特区(SEZ)のゾーンBの101ヘクタール(第1期)が、今年8月に開業する見通しだ。開発・運営合弁会社のミャンマー・ジャパン・ティラワ・デベロップメント(MJTD)…

関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ解決の糸口見つけたい、阿部副大臣(20:39)

新会社法で8千社新規登録 施行5カ月、前年同期の2倍(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

ヒルトン、ヤンゴンで22年オープンへ(01/16)

上場FMI、新会社法に伴い社名変更(01/16)

ヤンゴン総合病院、320床のがん病棟新設(01/16)

国内の家畜数、鶏が7千万羽で最多(01/16)

地場製茶企業3社、中国南寧に販売店開設(01/16)

カチン州の政党、ダム開発で中国大使館に反発(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン