微信のお年玉サービス利用者、今年は10%増

深セン市に本拠を構えるインターネットサービス中国大手の騰訊(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」を使ったお年玉配布サービス「微信紅包」を今年の春節(旧正月)期間中に使用した人は7億6,800万人で、前年を10%上回った。中国新聞網が伝えた。

受け取ったお年玉の件数が最も多かったのは、江西省南昌市に住むユーザーの3,429件だった。地域別のお年玉獲得件数上位は広東省、山東省、江蘇省の順だった。

また、微信によるメッセージの発信件数は、旧暦の大みそかに当たる2月15日の午前0時から春節連休期間の最終日となる同月21日の午前0時までに合わせて2,297億件に上った。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(09:33)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/25)

国有企業の純利益、1~4月は18.4%増(05/25)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/25)

22年北京五輪、公式グッズメーカーを募集(05/25)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

サービス貿易を振興、指定17地域で(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン