「春運」旅客、今年は減少か 生活変化とマイカー普及で

中国では春節(旧正月)の帰省とUターンラッシュに対応する交通機関の特別体制「春運」が続いているが、今年は期間中の公共交通利用者が前年を下回る公算が高まっている。地方出身者は大都市に出て働き、春節は必ず故郷で過ごす——。そんなかつての典型的な就労スタイルが崩れて…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

8月の対中輸出、6割増 北部同盟の襲撃後もなお勢い(10/17)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】一帯一路の自動車生産(10/17)

住宅・土地政策に焦点 施政報告、社会の不満解消へ(10/17)

テイクオフ:オフィス近くの日本料理…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

【アジアインタビュー】 アジアに未来あり、アイリスオーヤマの大山晃弘社長(10/17)

燃料電池車の補助金に消極的 財政省、「依存症」弊害を懸念(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

IMFが下方修正、中国のGDP成長予測(10/17)

中国スマホが台湾市場で攻勢、4レンズ売り(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン