「春運」旅客、今年は減少か 生活変化とマイカー普及で

中国では春節(旧正月)の帰省とUターンラッシュに対応する交通機関の特別体制「春運」が続いているが、今年は期間中の公共交通利用者が前年を下回る公算が高まっている。地方出身者は大都市に出て働き、春節は必ず故郷で過ごす——。そんなかつての典型的な就労スタイルが崩れて…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(16:52)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(19:41)

1~5月の電力消費、9.8%増の2.7兆kWh(18:11)

政府、交通計画策定などで中国と覚書(20:42)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:愛用の自転車の後輪が走…(06/21)

大橋の通行予測を下方修正 車両1割減、利用促進に課題か(06/21)

環境と物流を中心に改善要望 日本商会の白書、公平性求める(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

UPS、3割超が受け取り選択サービス利用(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン