「春運」旅客、今年は減少か 生活変化とマイカー普及で

中国では春節(旧正月)の帰省とUターンラッシュに対応する交通機関の特別体制「春運」が続いているが、今年は期間中の公共交通利用者が前年を下回る公算が高まっている。地方出身者は大都市に出て働き、春節は必ず故郷で過ごす——。そんなかつての典型的な就労スタイルが崩れて…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

Xマス・正月の出入境者数、1349万人を予想(19:21)

米国債保有残高、17カ月連続で中国が首位(17:28)

中国と覚書2件、通訳養成校など設立(12/18)

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

一帯一路にどう向き合うか、学術団体がシンポ(12/18)

テイクオフ:雪はまだとは言え、氷点…(12/18)

「債務のわな」に慎重姿勢か 中国のインフラ協力、識者に聞く(12/18)

香港の旅行者、6千万人超へ 陳長官が表明、高鉄・大橋が貢献(12/18)

【改革開放40年】(3)巨大市場へ 所得急増、解き放たれた消費力(12/18)

パナソニック、新竹に半導体材料のR&D拠点(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン