二大都市の高速道改修、韓国が事業化調査へ

韓国国際協力団(KOICA)は、ミャンマー最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーを結ぶ高速道路改修の事業化調査を実施する。地元紙セブンデーが22日伝えた。

KOICAは、ヤンゴン―マンダレー高速道路改修と、ヤンゴンと中部エヤワディ管区のパテインを経由し、ガヨークカウン地区に続く高速道路建設の事業化調査に15万米ドル(約1,600万円)を拠出するほか、道路の設計も申し出た。事業化の見通しが立てば、投資家の誘致も支援するとしている。

ミャンマー建設省は、全長約400マイル(約644キロ)のヤンゴン―マンダレー高速道路の改修事業費を5億6,000万米ドル、ヤンゴン―パテイン―ガヨークカウン高速道路の建設費を7億6,000万米ドルと試算。今後、国土の南北と東西を走る高速道路をそれぞれ2本ずつ整備していく方針を示している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン環状高速道、年内入札 建設省が関心表明書募集(05/22)

労働紛争解決法、再改正法案を近く国会提出(05/22)

ヤンゴン管区、ガソリン価格の引き下げ推進(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

英系英会話教室、ミャンマー事業拡大へ(05/22)

農村部の太陽光発電設備、品質重視で選定(05/22)

ラカイン問題は民主化の障害=米国際開発庁(05/22)

中国向けのゾウ密猟が横行、肉需要で(05/22)

【ミャンマー進出関連法】新会社法(11) 第139回(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン