テイクオフ:ジャカルタ近郊の避暑地…

ジャカルタ近郊の避暑地として有名な西ジャワ州ボゴール県は、動植物園や温泉の観光資源に、近頃はうなぎ店も出現して人気も高い。しかし今月初めの豪雨で発生した土砂崩れの影響で首都から延びる幹線道路が閉鎖され、観光業に被害が出ている。

地元紙によると、同県プンチャックにある動物園タマン・サファリでは、通行規制の影響で客足が減り、入場料収入が6割も激減。周辺のホテル稼働率も25%程度に低下した。観光分野での経済損失は数十億ルピアに上ると試算されている。

一方で先週18日に同園で元気なキリンの赤ちゃんが生まれたというほほ笑ましいニュースも。先週からは小型車に限って幹線道路の通行も可能となった。ボゴールでうなぎ店を営む主人からも、お誘いのメッセージが来た。地域産業に一役買う意味も込めて、友人と誘い合わせて近々足を運びたい。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン