中国恒大傘下の映画館、最新技術導入を加速

深セン市に本拠を構える大手デベロッパーである中国恒大集団(チャイナ・エバーグランド・グループ)傘下の映画館運営会社、恒大院線管理(恒大院線)が、最新の映像鑑賞システム「中国巨幕(CGS)」に対応した映画館を今後5年間で新たに200カ所建設することがこのほど分かった…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産観光・娯楽マスコミ・出版・広告


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンコールの一般炭生産増加、資産拡大奏功(18:49)

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(18:54)

テイクオフ:「入場料120元って日…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

米中戦、年末から香港経済打撃か=財政長官(07/23)

銀行の財テク商品、株式投資を解禁へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン