中国恒大傘下の映画館、最新技術導入を加速

深セン市に本拠を構える大手デベロッパーである中国恒大集団(チャイナ・エバーグランド・グループ)傘下の映画館運営会社、恒大院線管理(恒大院線)が、最新の映像鑑賞システム「中国巨幕(CGS)」に対応した映画館を今後5年間で新たに200カ所建設することがこのほど分かった…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(18:28)

年内に成都と武漢に定期便、国営航空(20:09)

来年の成長率は6.5%未満、社会科学院予測(18:42)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

香港政府が企業支援強化へ 貿易摩擦、投資意欲の後退懸念も(09/20)

テイクオフ:珠江のほとりに立ち、手…(09/20)

【この人に聞く】成長と安定から中進国入りへ JICA、援助戦略をさらに発展(09/20)

李首相「企業の税負担軽減」 景気対策強化、夏季ダボスで表明(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

米製品600億ドル相当に報復関税、24日から(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン