• 印刷する

16~18年の国連開発援助、2.8億ドル

カンボジア外務省は21日、2016年から今年にかけての国連開発援助枠組み(UNDAF)による対カンボジア援助が合計2億8,200万米ドル(約303億円)となることを明らかにした。UNDAFは国連開発計画(UNDP)がカンボジアなど一部の発展途上国に設けている。高棉日報(電子版)が伝えた。

外務省はUNDAF援助の主な用途として、◇カンボジア経済の持続的な発展に対する支援(9,400万米ドル)◇社会福祉、社会保障、人的資源開発(1億4,300万米ドル)◇行政、人権、複数官庁にかかわる問題への支援(4,500万米ドル)――を挙げた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

元野党党首の釈放、法の問題 与党、特恵関税停止は「宣伝」(08/17)

1~6月の特恵関税輸出15%増、商業省(08/17)

米が制裁強化、政府関係者などのビザ制限(08/17)

カールスバーグ、カンブリューの株買い増し(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

中国資本、カンポット州に関心(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

プノンペン、違法駐車の取り締まり強化(08/17)

工業省、農村部の上水整備を促進(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン