空港運営AP1、設備投資額は前年比2倍超

インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)1は、今年の設備投資額を前年の約2.4倍となる18兆8,000億ルピア(約1,412億円)に設定した。新空港の建設や既存空港の拡張を実施し、運営する空港の年間利用客数を前年比11%増の9,900万人に引き上げる。22日付地元各紙が伝…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

バタムの商議所、経済特区移行に反対(19:44)

国営石油子会社、オガン鉱区の運営引き継ぎ(19:45)

外国人雇用の大統領令、近く実施細則を公布(16:17)

テイクオフ:遊びに来ると言っていた…(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

国内最大オートショー、37ブランドが出展(05/23)

医療法人の偕行会、医療観光客の誘致強化(05/23)

南スマトラ州パレンバンのLRTが試運転(05/23)

西ジャワ州の新国際空港、24日に供用開始(05/23)

高速道路5区間、年内に入札実施へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン