デュシタニ、ホテル生ゴミの肥料化を計画

タイのホテル大手デュシタニは、傘下のホテルのレストランなどから出る生ゴミを有機質肥料に変える事業を開始する。22日付ポストトゥデーが報じた。

新たなブランドで開発するホテル6軒で実施する計画で、4月にもブランド名を発表する。シンガポール企業の技術を使用する計画だ。デュシタニは、世界で生ゴミが適切に処理されず、温室効果ガスの発生が増大する中、企業の社会的責任を果たすための取り組みを図る考えを示した。

同社はまた、来月19、20日に残飯の再利用方法について考えるフォーラム「リフード・フォーラム」をバンコクで開催する。アジアで同様のフォーラムが開催されるのは初めて。世界的なシェフ40人が参加し、それぞれのアイデアや考えを共有するという。日本からは生江史伸(なまえ・しのぶ)さんが参加する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ経済が上向いている…(07/24)

地域の統合、密輸も増える 模倣との闘い(上)9割は中国製(07/24)

1~6月のメーカー別車輸出、6社がプラス(07/24)

フォード、レンジャーの10速ATモデル投入(07/24)

航空庁、チェンマイとプーケットに第2空港(07/24)

空港鉄道、価格交渉決裂で車両改造を断念(07/24)

マンダレーなどで農業地帯整備、計画策定へ(07/24)

子ども用品コンクン、タグ付け替え疑惑(07/24)

サイアムラート、チェンマイ空港駐車場開発(07/24)

旭化成、車向け樹脂コンパウンド工場を増強(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン