タイ企業が事業拡大に関心、商談会開催

カンボジア企業とタイ企業のビジネスマッチングが21日、カンボジアの首都プノンペンで開かれた。タイからは30社以上が参加し、対カンボジア投資への関心の高さを示した。クメール・タイムズ(電子版)が22日伝えた。

イベントは両国政府間の貿易委員会の会合と並行して開かれた。在カンボジア・タイ大使館のチラウット公使は、2018年の2国間貿易額が17年の55億米ドル(約5,900億円)から10%拡大するとの見通しを示した上で、「タイ企業は単にカンボジアで商品を売るだけでなく、拠点を構えるための提携相手を探している」と述べた。

タイで化粧品販売を手掛けるベガ・ナチュラルのコンサルタントは「カンボジア人の可処分所得が増加し、化粧品などに費やす余裕が出てきた。市場の潜在力は高い」と強調した。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

進む中国傾斜、債務膨張 返済維持も高まる「発言力」(06/20)

タイ国境鉄道、7月開通へ調整急ぐ(06/20)

ポイペト国境検問所が移設、混雑解消へ(06/20)

中国成都八益、首都郊外に大型家具卸売市場(06/20)

財務経済省、税外収入の省令交布(06/20)

観光省、事業者のサービス料徴収に新規制(06/20)

バッタンバンに大型水路建設、かんがい用(06/20)

電力公社、シアヌークビル州の送電網強化(06/20)

【予定】20日 金融政策決定会合の議事要旨公表ほか(06/20)

【訃報】樫尾和雄氏(カシオ計算機会長)ほか(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン