H&M系のCOS、中環に短期出店

スウェーデンのファッションブランド、H&M傘下のアパレルブランド「コス(COS)」が、香港島・セントラル(中環)に1カ月限定の店舗を開設するもようだ。月額賃料は45万HKドル(約620万HKドル)とみられ、長期契約時の約3分の1の価格になる計算だ。1平方フィート(約0.09平方メートル)当たりでは63HKドル。

21日付信報によると、店舗は路面と地下の2層で、面積は計7,179平方フィート。ポップアップストアとして出店し、春夏の男性・女性向け商品を販売する。

同店舗物件は2007年から、イタリアのアパレルブランド、ディーゼルが地下から3階までの1万1,000平方フィートを月額220万HKドルで借りていた。しかし、賃料は13年に78%上昇の391万7,000HKドルに値上がりし、ディーゼルは14年初めに前倒しで撤退。店舗オーナーはその後、賃料を引き下げ入居者を募集していたが、路面店と地下1階は4年近く空き店舗となっていた。昨年末時点で賃料は150万HKドルが提示されていた。

コスは現在、香港で商業施設を中心に6店を展開。唯一の路面店はセントラルにある。

不動産サービスのDTZ/クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドによると、セントラルの店舗空室率は約7%と、香港の4大繁華街の中でも空き店舗が最も目立つ状態。業界関係者は、小売市況が好転に向かっているものの、出店には慎重な姿勢の小売業者が多いとの見方を示した。


関連国・地域: 香港欧州
関連業種: アパレル・繊維商業・サービス建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/25)

日系集まる複合ビル正式開業 香港ランド、中間層の消費つかむ(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

宝飾の英皇、既存店売上高は2桁の伸び(05/25)

マカオの小売売上高、1Qは25.7%増(05/25)

あしたのチーム、香港現法設立(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

契約労働時間の導入保留、ガイドライン作成(05/25)

小反発、資源銘柄に買い戻し=香港株式(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン