バガンで商店移転計画、世界遺産登録に向け

ミャンマー中部の遺跡都市バガンで、パゴダ(仏塔)周辺の商店を移転させる計画が進んでいる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録を目指す取り組みの一環。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 地元当局によると、現在は17の仏塔(パゴダ)の周辺に100軒を…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売り観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(18:54)

スイス、国軍高官7人を制裁対象に指定(21:36)

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

東急建設、ヤンゴン―マンダレー線で受注(10/23)

トヨタ、イノーバを発売=今年3モデル目(10/23)

難民キャンプで火災、ロヒンギャ6人死亡(10/23)

ラカイン州、帰還難民向け仮設住宅を準備(10/23)

4Gアナンダとウェーブマネーが提携(10/23)

ヤンゴン管区、車両窓ガラス着色禁止を徹底(10/23)

ミャウー遺跡の寺院、仏像11点破壊される(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン