バガンで商店移転計画、世界遺産登録に向け

ミャンマー中部の遺跡都市バガンで、パゴダ(仏塔)周辺の商店を移転させる計画が進んでいる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録を目指す取り組みの一環。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 地元当局によると、現在は17の仏塔(パゴダ)の周辺に100軒を…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 商業・サービス観光・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

財政赤字補てん、中銀から520億円借り入れ(15:32)

サッカー選手育成、日本が協力 国際交流基金など指導者派遣(05/24)

第3回パンロン会議を延期、6月に開催か(05/24)

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(05/24)

公立病院、院内薬局やコンビニを開設(05/24)

IFC、水力発電の環境評価報告書を発表(05/24)

ヤンゴンの累積投資、最大は運輸・通信分野(05/24)

ヤンゴン管区、工業団地管理を中央で一元化(05/24)

中国理文造紙、バゴーに工場建設計画(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン