テイクオフ:当地赴任時から住み続け…

当地赴任時から住み続けている賃貸マンション。駅から5分という立地の良さに加え、海外在住のオーナーが別荘にしているケースが多いのか、人が少ない点も気に入っていた。

ただ、最近になって若者グループや家族連れをロビーでよく目にするようになった。特にこの旧正月(春節)にはその傾向が顕著に。急に活気づいた理由は、民泊仲介サイト利用者の増加だった。

大手仲介サイトの発表によると、過去1年間に同サイトを通じてタイで部屋を手配した人は前年から6割以上増え、120万人に上った。マンション開発が相次ぐ中で、部屋を持て余し有効活用したいと考える人が増えているとも推察され、その点について何ら異論はないが、利用者の中にはごみの大量投棄や騒音などマナーに違反する人も。セキュリティーの問題もあり、住民とのトラブルが深刻な社会問題になる恐れがあると感じる。(中)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アマタが東部で土地取得、工業団地開発へ(07/20)

【スタートアップの挑戦】空港から荷物を当日宅配 手ぶら観光促進、日系と提携も(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

1~6月の二輪販売、1.6%減=陸運局(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

輸送機器パナット、EVトラックの生産検討(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

大型治水プロジェクト9件、来年中に実施(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ネストプロパティー、ホテル開発に参入(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン