テイクオフ:一時帰国などでしばらく…

一時帰国などでしばらくインドネシアを離れると、嗅覚は五感の中で最も記憶を想起しやすいということを思い出す。ジャカルタの空港に戻ってくると、いつの間にかに忘れていた独特の香りを再び知覚することで、初めてインドネシアに来たときのことを思い出す。

初めてジャカルタの空港に降り立った瞬間に、丁子たばこのような、なんとも言えない匂いが鼻孔に飛び込んできた。屋外に出ても、車に乗っても、会社や商業施設に行っても変わらず漂う匂いが嫌だったはずだが、しばらく生活しているうちに鼻が慣れるのか、その匂いに気づかなくなってしまう。

今では再びこの香りに気づけたときは、うれしさと共に当時の記憶がよみがえり、懐かしさを覚える。嗅覚は感情にも結び付きやすいらしいことも関係しているのか、もはやリラックスした気分にすらなっている気がする。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン