• 印刷する

チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件

事業計画を発表するチワタイのブン社長=19日、バンコク(NNA撮影)

事業計画を発表するチワタイのブン社長=19日、バンコク(NNA撮影)

タイ・シンガポール合弁の不動産開発会社チワタイは19日、今年は低層住宅を中心に新規プロジェクト7件に着手すると発表した。向こう3年以内に低層住宅の販売比率を現在の10%から40%まで引き上げる。

7件の事業総額は59億1,500万バーツ(約200億円)。自社単独で5件、同業コンドマンとの合弁で2件を開発する。

自社開発するのは、低層コンドミニアム(分譲マンション)2件、一戸建て住宅1件、タウンハウス(低層集合住宅)2件。コンドミニアムはバンコク中心部のトンロー地区とカセートナワミン通り、一戸建て住宅はバンコク西郊プッタモントン、タウンハウスは北郊ランシットとプラチャーウティット通りに開発する。

コンドマンと共同開発する2件はいずれもタウンハウス。スクンビット通りのソイ62/1とソイ36に開発する。

ブン社長は「首都圏のコンドミニアム市場は、既に10年以上にわたって活況が続いており、建設用地の確保が困難になっている」と指摘。今後は40~50代の顧客向けの低層住宅を中心に開発し、安定収入を目指す方針を示した。

チワタイの今年の売上高目標は前年比20%増の24億バーツ。今年の土地購入予算は25億バーツに設定した。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「観光名所までの往復料…(01/21)

19年の日系昇給率4.1%予測 業務効率化が急務に=NNA調査(01/21)

日産がタイでEV生産へ、海外で初(01/21)

空港高速鉄道入札、契約締結は来月以降に(01/21)

カンボジア人にタイで技術研修、日本が支援(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

タイ中鉄道第2区間、シビルが優先交渉権(01/21)

路線バス値上げ、国営企業政策委が中止命令(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

タイからのエアコン輸入、18年は1600万ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン