チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件

事業計画を発表するチワタイのブン社長=19日、バンコク(NNA撮影)

事業計画を発表するチワタイのブン社長=19日、バンコク(NNA撮影)

タイ・シンガポール合弁の不動産開発会社チワタイは19日、今年は低層住宅を中心に新規プロジェクト7件に着手すると発表した。向こう3年以内に低層住宅の販売比率を現在の10%から40%まで引き上げる。

7件の事業総額は59億1,500万バーツ(約200億円)。自社単独で5件、同業コンドマンとの合弁で2件を開発する。

自社開発するのは、低層コンドミニアム(分譲マンション)2件、一戸建て住宅1件、タウンハウス(低層集合住宅)2件。コンドミニアムはバンコク中心部のトンロー地区とカセートナワミン通り、一戸建て住宅はバンコク西郊プッタモントン、タウンハウスは北郊ランシットとプラチャーウティット通りに開発する。

コンドマンと共同開発する2件はいずれもタウンハウス。スクンビット通りのソイ62/1とソイ36に開発する。

ブン社長は「首都圏のコンドミニアム市場は、既に10年以上にわたって活況が続いており、建設用地の確保が困難になっている」と指摘。今後は40~50代の顧客向けの低層住宅を中心に開発し、安定収入を目指す方針を示した。

チワタイの今年の売上高目標は前年比20%増の24億バーツ。今年の土地購入予算は25億バーツに設定した。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

SCG、ベトナム石化事業の出資100%に(16:43)

テイクオフ:駅の構内で、現金自動預…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

クロスコープ、日系賃貸オフィスを拡張(05/28)

ジャルックス、日本産の生鮮卸売市場開業へ(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

ロクスレー子会社、冷凍食品会社に6割出資(05/28)

タイポスト、EC向けシステム増強を本格化(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン