• 印刷する

テイクオフ:初めて訪れたシドニーの…

初めて訪れたシドニーのタロンガ動物園で、興味深い展示を見た。絶滅の危機にひんしているタスマニアデビルのコーナーだ。

飼育エリアの真ん中に道路が描かれ、カンガルーの死体が横たわる。説明文には「ロードキル(車にはねられた動物の死骸)はタスマニアデビルにとって格好のえさですが、デビル自身が車にはねられる危険もあります」と書かれている。

死体はそこまで血なまぐさくないものの、子供たちは「どうしてここにカンガルーが寝ているの?」と純粋な疑問を投げかけて親を困惑させていた。周囲の壁面には、個体数激減の原因である顔面腫瘍性疾患にかかったデビルの写真が張られており、なんとも痛々しい。

動物の愛らしさを楽しむだけではなく、オーストラリアの動物が直面している現実も来園客に知ってもらいたいという思いの伝わる展示で、感心させられた。(十蘭)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英国のハリー王子とメー…(10/16)

豪連邦、財政均衡前倒しか 赤字大幅減の見通し(10/16)

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(10/16)

〔政治スポットライト〕豪世論の支持率調査、労働党のリード続く(10/16)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(10/16)

マッコーリー、オリジンの風力発電応札か(10/16)

豪政府系企業、恣意的発注や過剰供与が発覚(10/16)

オーリゾン、複合一貫輸送部門を同業に売却(10/16)

〔政治スポットライト〕連邦労働党、メルボ空港鉄道に3億$公約(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン