• 印刷する

携帯利用者数6.7%減、SIM規制が響く

カンボジア通信監督機構(TRC)によると、2017年末時点の携帯電話利用者数は前年比6.7%減の1,857万人だった。市場の飽和に加え、SIMカードを購入する際の身元登録を徹底したのが響いた。クメール・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

携帯電話からのインターネット利用は33.8%増の1,070万人となった。固定インターネットの回線契約件数も41%拡大し、13万8,672件だった。

TRCの広報担当は「政府の通信整備計画と民間からの投資がネット利用者の増加につながった」と話した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

貿易・人権で国際機関と連携 首相が姿勢強調、EU制裁にらみ(10/24)

縫製協会、EUが制裁着手も「楽観」(10/24)

ムーディーズ、EU制裁なら格付け引下げも(10/24)

ポイペトに新空港、投資額5千万ドル(10/24)

エネルギーの効率使用を、環境相が訴え(10/24)

地場と台湾合弁、タクマオで住宅開発(10/24)

対トルコ貿易10億ドル目標、投資促進も(10/24)

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン