• 印刷する

携帯利用者数6.7%減、SIM規制が響く

カンボジア通信監督機構(TRC)によると、2017年末時点の携帯電話利用者数は前年比6.7%減の1,857万人だった。市場の飽和に加え、SIMカードを購入する際の身元登録を徹底したのが響いた。クメール・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

携帯電話からのインターネット利用は33.8%増の1,070万人となった。固定インターネットの回線契約件数も41%拡大し、13万8,672件だった。

TRCの広報担当は「政府の通信整備計画と民間からの投資がネット利用者の増加につながった」と話した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

財閥チップモンが複合開発 投資額1.5億ドル、米ホテル入居(01/16)

公共事業省、統合型物流拠点の設置検討(01/16)

サタパナ銀、クレジットカードの発行開始(01/16)

19年成長率は7.1%、AMRO予測(01/16)

中国企業に開発権、庁舎建設が条件(01/16)

シアヌークビル州に汚水浄化施設を整備へ(01/16)

主要3空港の旅客数、18年は1055万人(01/16)

国籍取得者への外交旅券、発給停止へ(01/16)

日本人商工会の伸び鈍化 18年時点、選挙・投資環境に課題(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン