• 印刷する

首都―ブカシの鉄道複々線化、2年前倒し

インドネシア運輸省は18日、南ジャカルタ・マンガライ駅と西ジャワ州ブカシ県チカラン駅を結ぶ、鉄道の複々線化工事の完了時期を当初計画から2年前倒しし2020年とする方針を明らかにした。

ブディ運輸相は、19年にはマンガライ駅―ブカシ市のクランジ駅の工事が完了し、旅客輸送能力を現在に比べて25%増加できると指摘。複々線化により長距離線と通勤線を分離することは、チカンペック高速道路の渋滞緩和のためにも非常に重要だと説明した。

昨年はチカラン駅など3駅で改修工事が完了、今年はさらにクランジ駅など5駅の工事が完了する。複々線化工事の進捗(しんちょく)率は、マンガライ駅―東ジャカルタ・ジャティヌガラ駅が53%、ジャティヌガラ駅―ブカシ駅が78%。ブカシ駅―チカラン駅は完了している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/21)

流通たばこ、100箱のうち7.04箱が違法品(09/21)

製薬カルベ、健康食品数を7年後に4倍へ(09/21)

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

来年6月までコメ輸入停止を、食糧調達公社(09/21)

ハラル製品の生産体制強化、工程表策定で(09/21)

公共交通の運賃統合、ジャカルタ政府が検討(09/21)

首都空港鉄道、利用者数が伸び悩み(09/21)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン