消費税、21年以降に9%に上げ 海外サービス利用でも課税へ

シンガポールのヘン・スイキャット財務相は19日、2018年度(18年4月~19年3月)予算案と同時に、かねて予想されていた消費税(GST)増税を発表した。税率を現行の7%から2021~25年には9%に引き上げる。医療費やインフラ整備費が膨らむ中、安定的な財政基盤を確保するのが…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のシンガポールでも…(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

領海巡りマレーシアと対立、港界線を拡大(12/10)

明治屋、来年6月に中心部で2号店開業(12/10)

東大系投資会社、アストロスケールに出資(12/10)

ジャパンフーズ、海外進出で地場同業と合弁(12/10)

陸上庁、駅で自律走行警備ロボットを試験導入(12/10)

ケッペル、無錫でスマートシティー開発(12/10)

国有地14区画放出、住宅建設可能戸数は減少(12/10)

公営住宅の新規供給、19年は1万5千戸(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン