• 印刷する

テイクオフ:バンコクの公園の規制が…

バンコクの公園の規制がだいぶ厳しい。まだ見ぬ愛犬とのランニングスポットとして目星をつけていた場所は「ペット立ち入り禁止」。見知らぬペット愛好家が捕まっていたところを目撃して知った。

友人の大学生時代の甘い思い出の中にも、公園の警備とのいたちごっこがあったという。体験者いわく、少し肩を寄せ合っただけで、自転車に乗った警備員が飛んできて厳重注意となる。公園以外に居場所のなかった2人はボートに乗って、橋の下まで隠れたらしい。でかいトカゲがたむろする場所で、ムードは台無しだったが、スリルに沸いたそうだ。

ただ、欧米系がよくやる、芝生の上のひなたぼっこ、これは許容範囲のようではある。肌の露出度が相当高い人でも、止められたところを見たことがない。公園内の野良猫も追い立てられたりはしていない。ペット解禁、そろそろいけないか。(弘)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン