• 印刷する

アットマインド、パタヤでホテル2軒建設

タイ東部を拠点にホテル・サービスアパートを運営するアットマインド・グループは、チョンブリ県パタヤにホテル2軒を建設する。タイ政府が進めている東部3県の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」開発計画でパタヤのホテル需要が拡大するとみて事業を拡大する。17日付ポストトゥデーが報じた。

投資額は2軒で10億バーツ(約34億円)以上。いずれもパタヤの中心部で建設を進めており、1軒は来年、もう1軒は2020年に開業する。

同グループのホテル・サービスアパート客室総数は、パタヤ720室、バンコク142室の計862室。パタヤに増設中の2軒が完成すれば500室以上増加する。将来的にはパタヤとバンコクで計2,000室になるまで増設を続ける。

既存施設の改装も進める。今年はパタヤの「アットマインド・サービス・レジデンス」に6,000万~7,000万バーツ、バンコク・スクンビット・ソイ85の「アットマインド・エグゼクティブ・スイート」に5,000万バーツを投じ、客室の改装、周囲の景観整備などを行う。

現在の客室稼働率は平均90%で、外国人が全体の90%以上。観光客が60%、長期滞在者が40%を占めるという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、BOIに電動車工場の設置申請(15:05)

700MHzの入札案が承認、5月に実施へ(15:02)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(14:52)

テイクオフ:今月5日に、タイのスワ…(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

空港高速鉄道入札、CPの特別提案を審査(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン