• 印刷する

豪の石油備蓄、過去18年最少 国際義務、2012年から果たせず

オーストラリア国内の石油備蓄量が昨年、過去18年来の最低水準に達しことが、国際エネルギー機関(IEA)が発表した報告書で明らかになった。加盟国30カ国に上るIEAでは、石油純輸入量の90日分相当の備蓄を義務付けているが、オーストラリアの備蓄量は過去5年間にわたり、基準値を大きく下回っているという。

IEAの報告書によると、オーストラリアでは2012年のうち11カ月間、また13年から17年のすべての期間で、月末の石油備蓄量がIEAの義務付ける基準値を下回ったほか、17年10月1日時点での石油備蓄量は石油純輸入量の48日分相当と、月ごとの備蓄量としては2000年以来の最低水準となった。

同報告書は、オーストラリアが「外的要因による供給ショックに対し、脆弱(ぜいじゃく)となっている」と指摘。英国の元特殊空てい部隊(SAS)大尉だったアンドリュー・へースティー自由党議員も同様の考えを示しており、南シナ海における中国の軍事的進出に懸念が高まる中、石油備蓄量が不十分な現状を「国家安全保障問題として取り上げられるべき」と述べた。オーストラリアンが伝えた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人に、次の…(10/17)

三井住友FG、NSW州と覚書 シドニー西部開発で協力、邦銀初(10/17)

「両国を新ステージに」日豪経済会議が閉幕(10/17)

国家財政健全度、豪は世界4位=IMF(10/17)

中小企業の法人減税、事業成長の抑制要因に(10/17)

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(10/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、エルサレムへ大使館移転を検討(10/17)

再生エネ庁、企業の再生エネ購入を支援(10/17)

石炭火電廃止でも電力供給は継続=AEMO(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン