• 印刷する

住友倉庫、11月にレムチャバン第2棟が完成

住友倉庫がレムチャバンに建設する2期倉庫(手前)のイメージ図(同社提供)

住友倉庫がレムチャバンに建設する2期倉庫(手前)のイメージ図(同社提供)

住友倉庫は15日、タイ東部チョンブリ県レムチャバンの2期倉庫を11月に竣工すると発表した。同地区の倉庫の延べ床面積は2倍の約2万平方メートルとなる。

同地区では、2016年10月に1期倉庫(敷地面積:約4万4,000平方メートル、延べ床面積:約1万平方メートル)を竣工させていた。構造は鉄筋コンクリート造の平屋建て。敷地内に大きさと構造が同じ第2棟の建設に着手し、規模を倍増させることで旺盛な需要に応えるとしている。

住友倉庫は、中部アユタヤ県における4棟目も5月に完成させる予定。アユタヤの倉庫の延べ床面積は合わせて約1万6,000平方メートルとなる。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「観光名所までの往復料…(01/21)

19年の日系昇給率4.1%予測 業務効率化が急務に=NNA調査(01/21)

日産がタイでEV生産へ、海外で初(01/21)

空港高速鉄道入札、契約締結は来月以降に(01/21)

カンボジア人にタイで技術研修、日本が支援(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

タイ中鉄道第2区間、シビルが優先交渉権(01/21)

路線バス値上げ、国営企業政策委が中止命令(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

タイからのエアコン輸入、18年は1600万ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン