住友倉庫、11月にレムチャバン第2棟が完成

住友倉庫がレムチャバンに建設する2期倉庫(手前)のイメージ図(同社提供)

住友倉庫がレムチャバンに建設する2期倉庫(手前)のイメージ図(同社提供)

住友倉庫は15日、タイ東部チョンブリ県レムチャバンの2期倉庫を11月に竣工すると発表した。同地区の倉庫の延べ床面積は2倍の約2万平方メートルとなる。

同地区では、2016年10月に1期倉庫(敷地面積:約4万4,000平方メートル、延べ床面積:約1万平方メートル)を竣工させていた。構造は鉄筋コンクリート造の平屋建て。敷地内に大きさと構造が同じ第2棟の建設に着手し、規模を倍増させることで旺盛な需要に応えるとしている。

住友倉庫は、中部アユタヤ県における4棟目も5月に完成させる予定。アユタヤの倉庫の延べ床面積は合わせて約1万6,000平方メートルとなる。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融・保険建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:試合開始の1時間前に着…(05/22)

1~3月GDPは4.8%増加 農業が回復、通年4%超え予想(05/22)

4月のメーカー別車輸出、増減が半々(05/22)

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

レムチャバン―コンケン貨物線、国鉄が承認(05/22)

フアヒン空港、PPPで拡張の見通し(05/22)

積水化成品工業、東部に生産拠点を新設へ(05/22)

グッドイヤー、年内にラジアルタイヤ増産(05/22)

寝具の米ベッドギア、販売店20カ所開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン