伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可

伊藤忠商事が、超高層ビル「台北101」を運営する台北国際金融大楼(TFCC)に出資し、第2位株主となることが決まった。伊藤忠商事は15日、食品台湾大手の頂新国際集団が保有するTFCCの株式37.17%の取得について、台湾の経済部投資審議会(投審会)から14日に認可されたと…

関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(18:30)

TSMC、アップルの「A12」量産開始か(15:45)

テイクオフ:以前は、ただの迷信だと…(05/24)

家電の声宝が外食市場に参入 がんこフードと提携、3年で20店(05/24)

HTC、スマホ新機種「U12+」発表(05/24)

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る(05/24)

鴻海出資の和沛科技、99.9%の減資発表(05/24)

華徳動能、欣欣客運から電動バス12台を受注(05/24)

食品へのアレルギー源表示、対象を拡大(05/24)

台湾ダイソー、2年間の輸入資格抹消処分に(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン