伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可

伊藤忠商事が、超高層ビル「台北101」を運営する台北国際金融大楼(TFCC)に出資し、第2位株主となることが決まった。伊藤忠商事は15日、食品台湾大手の頂新国際集団が保有するTFCCの株式37.17%の取得について、台湾の経済部投資審議会(投審会)から14日に認可されたと…

関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本囲碁界の7大タイト…(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

工作機械、11月輸出がマイナス 中国向け11%減、一部で生産調整(12/12)

鴻海11月の売上高、過去2番目の高水準(12/12)

聯発科技11月は1割減収、今年3番目の低さ(12/12)

PC2社の売上高、11月はそろって減収(12/12)

ノートPC受託5社、11月は明暗分かれる(12/12)

テスコム電機、台湾でサロン向けブランド(12/12)

日本食研が嘉義工場着工、台湾本社も移転へ(12/12)

台湾の航空宇宙産業競争力、27位に急落=PwC(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン