• 印刷する

首都空港、3月から空港税を最大73%値上げ

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタの玄関口であるスカルノ・ハッタ国際空港の旅客サービス施設使用料(空港税)を、3月1日から改定する。引き上げ幅は最大73%。14日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

引き上げ幅が最大なのは第3ターミナルの国内線で、現在の7万5,000ルピア(約560円)から13万ルピアに引き上げられる。同ターミナルの国際線は、20万ルピアから15%高の23万ルピアに改定される。

AP2の広報担当者はNNAに対し、旅客サービス施設使用料は、航空運賃に含まれていると説明。3月1日以前に購入した航空券でも、差額分を徴収されることはないと付け加えた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ブラウン管テレビやビー…(12/11)

セダン・SUV販売が不振 市場飽和、価格格差が下げ要因(12/11)

アバンザとセニア、来年初め新モデル発売か(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

19年の給与上昇率は8%の見通し、マーサー(12/11)

ビンタン島、ガラン・バタン経済特区が稼働(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

スマラン港の国際貨物取扱量は5%増(12/11)

東急コミュニティー、初の海外法人設立(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン