• 印刷する

首都空港、3月から空港税を最大73%値上げ

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタの玄関口であるスカルノ・ハッタ国際空港の旅客サービス施設使用料(空港税)を、3月1日から改定する。引き上げ幅は最大73%。14日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

引き上げ幅が最大なのは第3ターミナルの国内線で、現在の7万5,000ルピア(約560円)から13万ルピアに引き上げられる。同ターミナルの国際線は、20万ルピアから15%高の23万ルピアに改定される。

AP2の広報担当者はNNAに対し、旅客サービス施設使用料は、航空運賃に含まれていると説明。3月1日以前に購入した航空券でも、差額分を徴収されることはないと付け加えた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

バリ空港、イスタンブール直行便が就航(07/19)

ゴジェックとアストラ、自動車リースを開始(07/19)

国内最大の自動車展が開幕 25ブランド出展、起爆剤となるか(07/19)

自動車展:4トップ、電動車など新技術紹介(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

自動車展:スズキは「ジムニー」を販売(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

自動車展:日系商用車3社、新モデル発表も(07/19)

自動車展:VWは組み立て生産を再開(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン