• 印刷する

タ州の女性向け二輪購入補助、滑り出し好調

インド南部のタミルナド州政府が先月導入した、働く女性向けの二輪車購入補助制度が好評だ。1日平均で400件の仮免許の申請を受け付けた道路交通局(RTO)事務所もあったという。ビジネス・ライン(電子版)が13日に伝えた。

二輪車を利用することで、通勤する際の時間や距離がバスなどに比べ短縮できる。排気量125cc以下のスクーターやモペッドを取得する際、2万5,000ルピー(約4万2,000円)を上限として購入額の50%が支給される。補助金の交付の申請時には、二輪車の免許か仮免許が必要なため、RTOに申請が殺到しているという。

同制度は、教習所にも思わぬ恩恵をもたらしているようだ。ある教習所の関係者は、先月の発表以来20人以上から仮免許の申請代行の申し込みがあったと語った。インターネットでも申請は可能だが、ネット環境を持たず教習所のサービスを利用する人々が増えている。この教習所では500ルピーで仮免許の申請を代行しているという。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン