• 印刷する

マイクロソフト、シドニーで新興企支援開始

米マイクロソフトが19日までに、オーストラリア・シドニーでアクセラレーター・プログラム「スケールアップ(ScaleUp)」を開始した。主にIT系の新興企業の事業拡大を支援する。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

スケールアップは、ノウハウを指導することで事業を短期で拡大することを目指すもの。ニューサウスウェールズ(NSW)州政府が同日オープンした、新興企業や起業家向けのコワーキングスペース(共同事務所)を提供する「シドニー・スタートアップ・ハブ」の中にオフィスが開設された。対象となるのは、初期資金は確保し事業拡大を目指す新興企業。マイクロソフトが技術的な支援を行うだけでなく、同社のパートナー企業への紹介機会もあるため、ITやソフトウエア企業に有利になるようだ。通信大手テルストラなどが提供する、国内のほかのアクセラレーター・プログラムと異なり、参加企業への投資や権益取得はないという。

シドニーはマイクロソフトの8番目のスケールアップ拠点となる。これまでに同プログラムを卒業した企業は世界で約730社に上り、ベンチャー資金として計30億米ドル(約3,229億円)を調達しているという。

シドニー・スタートアップ・ハブはウィンヤード駅の上層階1~11階にあり、最大2,500人の起業家が利用できるスペース。NSW州政府が5年間で3,500万豪ドル(約29億6,000万円)を投じる。


関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン