経済自由度ランク101位に後退、米財団調査

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が発表した2018年版「経済自由度指数」で、カンボジアは調査対象180カ国のうち101位となり、17年の94位から後退した。汚職の広がりが経済活動の自由度を妨げていると指摘。改革を進める上で、司法の独立性を高めることが重要になると分析して…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

カンボジア人数百人がデモ、EU本部付近(10/22)

列国議会同盟、選挙結果に強い懸念(10/22)

メコン川のしゅんせつ再開へ、閣僚が問題視(10/22)

農水省、農家支援の価格情報サイトを開設(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(10/22)

児童就労問題に着手、英調査団の報告受け(10/22)

米保護主義けん制、ASEMが閉幕(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン