経済自由度ランク101位に後退、米財団調査

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が発表した2018年版「経済自由度指数」で、カンボジアは調査対象180カ国のうち101位となり、17年の94位から後退した。汚職の広がりが経済活動の自由度を妨げていると指摘。改革を進める上で、司法の独立性を高めることが重要になると分析して…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(13:17)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

アクレダ銀が4月上場、全株の5%を公募(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

首都に大型病院開設へ、投資額500億円超(02/28)

シエムレアプ宿泊業に税控除、新型肺炎で(02/28)

特恵引き換えのケム・ソカ氏釈放なし=首相(02/28)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン