経済自由度ランク101位に後退、米財団調査

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が発表した2018年版「経済自由度指数」で、カンボジアは調査対象180カ国のうち101位となり、17年の94位から後退した。汚職の広がりが経済活動の自由度を妨げていると指摘。改革を進める上で、司法の独立性を高めることが重要になると分析して…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポイペトで不動産開発活況 集合住宅を建設、経済特区に関心(08/15)

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

財閥チップモン、商業銀行を設立(08/15)

雲南省系企業、河川港の土地で商業施設着工(08/15)

タイへの出稼ぎ労働者千人を強制送還(08/15)

シンガのラッシュフード、魚養殖事業に関心(08/15)

商業省、タイに国境貿易の拡大要請(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

中国系企業、カンポットのバナナ園に投資(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン