首都圏のホテル、今年は3400室の新規供給

米系不動産サービス大手のコリアーズ・インターナショナル・フィリピンは、2018年にマニラ首都圏で新たに完成するホテルの客室数が、前年の2倍以上の3,400室に達すると予想した。地元紙インクワイラーが伝えた。 コリアーズによると、年内に完成するホテルは引き続き2~3つ星ホ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地場ウデンナ、ダバオでモノレール敷設計画(19:31)

大衆パン、クリスマスの値上げは見送り(19:31)

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(19:31)

テイクオフ:「とりあえずビール」を…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

バンダイナムコがVRを導入 東南アで初、メルコのIRに(10/16)

第3の通信業者選定入札、予定通りに実施(10/16)

比政府高官、インフレは来年までに収束(10/16)

8月の海外送金受取、0.9%減の24.8億ドル(10/16)

世銀など支援の洪水対策事業、実施計画完成(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン