• 印刷する

大林組とNZ企が合弁、水素の商業生産模索

大林組とニュージーランド(NZ)の北島タウポに拠点を置く先住民マオリのトゥアロパキ(Tuaropaki)トラストが、地熱エネルギーを利用した水素の商業生産の可能性を探るため、ジョイントベンチャー(JV)に乗り出す計画だ。両社は昨年12月、同JVの設立に関してMOU(覚書)を交わしている。9日付Scoop.co.nzが伝えた。

トゥアロパキ・トラストは、タウポ近郊のモカイに地熱発電所を所有。同社のウェリタ会長は「わが社はこれまで、再生可能エネルギー事業に深くコミットしてきた」と説明。サステナビリティー(持続可能性)を重視する姿勢は大林組と共通しているとし、地熱エネルギーを利用して、燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素エネルギーの商業生産への可能性を探っていくことに期待感を示した。

大林組は2016年4月に、NZの地熱発電開発最大手であるMBセンチュリーと、地熱発電に関する5年間の相互協力協定を締結。それまで太陽光発電を中心に取り組んできたが、今後は地熱や風力、バイオマスなど、太陽光に次ぐ新たなエネルギー発電事業に積極的に取り組んでいく方針を明らかにしていた。トゥアロパキ・トラストは、15年にMBセンチュリーを取得している。


関連国・地域: ニュージーランド日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:石灰岩の鍾乳洞で有名な…(02/15)

住友、WA州電力企に食指 保有発電所とシナジー効果狙い(02/15)

豪連邦、資源産業活性化の20カ年計画発表(02/15)

豪大学新卒者の人気就職先、デロイトが首位(02/15)

3年内に金融業界の監査を実施=連邦政府(02/15)

決算シーズン、政治不安と融資厳格化が影響(02/15)

NSW―SA電線、敷設なら電気料金大幅減(02/15)

アダニのQLD炭鉱、最終認可さらに遅延へ(02/15)

〔オセアニアン事件簿〕QLDの洪水で牛50万頭死亡、軍隊派遣要請(02/15)

インフラ諮問機関、EV施設の拡充を提案(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン