ストーリー構築で需要喚起を 日本産果物×SNSマーケ(上)

2018年1~3月(第1四半期)にも高所得国入りを果たすと見込まれているマレーシアでも、日本の各都道府県が東南アジア諸国連合(ASEAN)の他国と競って名産品の売り込みを強めている。見た目や味のよい日本の果物は、富裕層の華人系を中心に贈答用需要が高いが、近年は他国…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マリンド、KLーセレター線への参入検討(19:10)

EUパーム規制、隣国と連携して対抗措置も(19:10)

アナログ放送、9月から地デジに移行開始(19:10)

テイクオフ:イスラム教のラマダン(…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

物流ビジネスを総合サポート 日野マレーシア・内山社長に聞く(05/27)

RM=26.1円、$=4.19RM(24日)(05/27)

JALとマレーシア航空、提携強化へ(05/27)

クダのラバーシティー、来年にも第1期完成(05/27)

UMW、20年には航空宇宙部門を黒字化(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン