ロッテグループ会長、最先端技術の導入促す

韓国ロッテグループが持ち株会社体制に移行後初めとなった各社長を集めた会議で、重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長はデジタル技術の導入を急ぐよう求めた。 生産性の画期的な向上や製品とサービスの革新に向け、人工知能(AI)やロボット、モノのインターネット(IoT)などの…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(19:18)

太陽HD、韓国子会社に太陽光発電所(17:50)

LSニッコー、BHPと銅鉱石の調達契約(17:16)

テイクオフ:飲酒運転事故を起こした…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

富士ゼロックス、韓国仁川工場を閉鎖へ(11/14)

電池3社がファンド設立、次世代技術共同開発(11/14)

現代自、南部工場拡張に700億ルピー投資(11/14)

偵察衛星開発事業、肝心な技術は海外から(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン