• 印刷する

台湾の泰昇、4月に紙おむつ工場稼働

主にベトナムで事業展開する台湾系の紙おむつメーカー、泰昇国際(タイサン・ホールディング)は、4月にもカンボジアで工場を稼働させる。投資額は1,200万米ドル(約13億円)。台湾紙・中国時報(電子版)などが伝えた。

現地法人ウィンサンは2016年5月、カンボジア工場をプノンペン経済特区(SEZ)で着工した。最初の生産ラインが4月、2本目の生産ラインが6月にそれぞれ稼働する見通し。

生産能力は年2億4,000万枚。従来のベトナムでの生産分と合わせ、全体の紙おむつ生産能力は倍増する見込みで、今年は2割の増収を見込む。

カンボジア新工場はこのほか、生理用品を年1億5,000万枚、成人用紙おむつを6,000万枚、それぞれ生産する。

泰昇国際は西アフリカ市場にも輸出していたが、同業世界大手の進出により競争が激化し、業績が伸び悩んでいるため、今年は東南アジア5カ国での販売に集中する。ただ、今年もベトナム、カンボジアの2カ国が主力市場となる見通しだ。


関連国・地域: 台湾ベトナムカンボジア
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

リネットジャパン、中古車販売事業が好調(08/22)

南部国道、渋滞と豪雨被害で輸送に悪影響(08/22)

新興料理宅配サービス、ブータンに進出(08/22)

オンラインギャンブル、ライセンス発行中止(08/22)

国道1号線の地下道建設、事業化調査を実施(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

EU、持続可能な漁業支援に140億円(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン