越比企業が太陽光発電、ニントゥアン省で

ベトナムのBIMグループとフィリピンのアヤラ財閥系発電会社ACエナジーは23日、中南部ニントゥアン省で太陽光発電所の建設に着手した。同日付ダウトゥ電子版が報じた。 発電設備容量は3万キロワットピーク(kWp)で、約8,000億ドン(3,520万米ドル、約39億2,000万円)を投…

関連国・地域: ベトナムフィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越の航空業、国内線は正常化 業績悪化は不可避、損失30兆ドン(06/05)

国内生産車の登録料半減、政令草案を調整中(06/05)

ビンファスト、登録料ゼロのキャンペーン(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

物流業界の電子化急務、コロナ禍で再編加速(06/05)

ビンフオック省レダナ工業団地、首相が承認(06/05)

HCM市の工業団地、インフラ整備求む声(06/05)

ビンソン製油、ハノイ証取上場を正式申請(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン