大熊のしわ治療薬、中国で第3相臨床試験へ

韓国の製薬大手、大熊製薬は11日、しわ治療に用いられるボツリヌストキシン製剤「ナボタ」の臨床試験申請が中国国家食品薬品監督管理総局(CFDA)から承認されたと発表した。中国で今年、第3相臨床試験に着手し、20年を目標に製品を発売する計画だ。 ナボタは2014年に韓国で…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎の感染者、前日比571人増え2337人に(02/28)

現代自で肺炎感染者、蔚山2工場が生産停止(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

新型肺炎関連法で罰則強化 集団感染が急増、文氏に批判も(02/28)

新型肺炎感染者、1日で505人増と過去最大(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

トヨタ、児童の新型肺炎予防に910万円寄付(02/28)

サムスン、新型肺炎に300億ウォン支援(02/28)

郵便局や薬局でマスク販売へ、政府が管理(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン