• 印刷する

豪政府、医療用大麻の輸出を解禁

オーストラリア連邦政府は4日、医療用大麻の輸出を解禁した。国内市場では厳しい規制が敷かれている一方、医療用大麻の需要は世界中で高まっており、輸出解禁は国内の業界にとって大きな成長の機会となるとみられている。オーストラリアンが伝えた。

オーストラリアでは関連企業数社がオーストラリア証券取引所(ASX)に上場を果たしている一方、医療用大麻の栽培や使用に関する厳しい規制が成長の妨げとなっており、国内各社は輸入品との競争に苦戦していた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…(10/16)

豪政権の内部文書が流出 失業手当引上げ方針など漏えい(10/16)

サントス、米コノコからNTガス権益を取得(10/16)

豪リヨン、中国と蓄電池プロジェクト推進(10/16)

気象予報、12月には乾燥緩和か(10/16)

米サイバー企メンロー、豪州に進出(10/16)

NBNの卸売価格高すぎ、競争委が調査開始(10/16)

服飾業界、今後は長期低迷も=報告書(10/16)

銀行金利調査は格付に悪影響=大手銀CEO(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン