• 印刷する

17年のコメ輸出17%増、中国がけん引

カンボジア農林水産省によると、2017年1~12月のコメ輸出量が前年同期比17.3%増の63万5,679トンだった。16年通年実績の54万2,144トンを上回ったほか、17年通年の目標である60万トンも超えた。

輸出が増えたのは、中国が受入枠を20万トンに増やしたことなどが大きい。欧州向けも堅調に伸びた。

カンボジア国内には余剰米が多いが、精米施設や貯蔵庫、物流インフラが未整備で、コメ輸出は期待ほどには伸びていない。政府は状況改善に向け、中国輸出入銀行の借款を利用し、全国にコメの貯蔵・乾燥施設15カ所を建設する計画だ。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

中国2社、南西部タタイ川に水力発電所建設(09/23)

首都のコンド急増、30年には30万戸規模に(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

運輸省、カンボジアと交通分野で協力検討(09/23)

来年の最低賃金、政府提示額は187ドル(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン