• 印刷する

テイクオフ:年越しが間近に迫ると、…

年越しが間近に迫ると、話題に上るのは連休中にどこに行くか。長い休みがあると家族と車を運転して南部ソンクラー県の実家に帰ってしまう自分にとって、「代わりに行くなら」と思い浮かぶのは、北部チェンマイ県の山あいにある村、メーガンポーンだ。

同村は、元村長が中心となり、村の自然や文化を守りながら村民の生活水準を引き上げることを模索。1996年からホームステイ事業を推し進めた結果、木造の古民家や特産のコーヒー豆を使ったカフェ、村の中心を流れる小川と静かに流れる時間などが話題になり、近年は多くの観光客を集めている。

メーガンポーンとソンクラー県の田舎は1,700キロほど離れているが、共通するのは都会で疲れた心や体を癒やす空気にあると思う。一時バンコクから離れて田舎の空気を思い切り吸い込んで帰れば、また一年頑張れそうだ。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの映画館では、必ず…(06/25)

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

富士ゼロ、再資源化工場閉鎖 長年実績も電子ごみ輸入規制響く(06/25)

ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

工業団地アマタ、フランスで航空産業誘致(06/25)

PNNキャピタル、英不動産5物件を販売(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

空港高速鉄道開発、来月初めにも契約へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン